感想

実験的生活

Amazon Echo Dotは英語が苦手!?/Alexaとのやりとり一覧

我が家の一員となったAlexaさん。Amazon Echo Dotをどうやって使うか?奮闘記。
育児本

英語教育どうする?/『3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話』レビュー

英語ができない主婦でも、帰国子女でなくても、子どもを小学6年生で英検1級に合格させるには?英語授業が低年齢化している今、読んでおきたい一冊。
育児本

ごっご遊びを役立てる!/『男の子の一生を決める0歳から6歳までの育て方』レビュー

もう何でも話せるような年齢になっても、ちょっとしたことで癇癪を起こして泣き続ける息子くん。 何に癇癪を起こしたのかも分からないことが多いので「お話して」と言うのですが、泣き叫ぶばかり。 何かヒントはないかと読んでみたこちらの本。...
スポンサーリンク
日々是読書

役立つ幼児教育メルマガは?/無料メルマガ比較

子育てに関する無料メルマガから子育ての知恵を入手しよう!無料メルマガを勝手にランキング。
日々是読書

仕掛け学とは?/『人を動かす「仕掛け」』レビュー

仕掛学とは?仕掛けと聞くと悪巧みを連想してしまいますが、イヤイヤそうではありません。仕掛学は世の中をもっともっと楽しくする学問なのです。
育児本

自信の育て方/『「東大に入る子」は5歳で決まる』レビュー

就学前の時期に、小学校3年くらいまでの知識をつける先取り教育をしよう!という驚きの幼児教育論。東大医学部卒の和田秀樹さんが説く子育てとは。
育児本

児童精神科医が説く/『子どもへのまなざし』レビュー

児童精神科医の佐々木正美先生が語る乳幼児期の大切さ。人格の基礎をどうやって作れば良いのか?
育児本

クボタメソッド/『1歳からみるみる頭がよくなる51の方法』レビュー

クボタメソッドを本で学ぶ。遊びながら取り組める、子供の脳を発達させる具体的な方法とは。
育児本

万国共通の親の心構え/『子どもが育つ魔法の言葉』レビュー

子どもはどうしても親の影響を受けて育ちます。どういう心構えで子育てをしたらよいか。原作者はアメリカの方ですが、親子の関係は万国共通のようです。
育児本

知能を伸ばすとは?/『6歳までに知能を伸ばす方法』レビュー

幼児教室ってどんなことしているの?幼児教室の主宰者が、幼児の知能の伸ばし方を詳しく解説。
育児本

寝てくれない悩みに!/『子どもがすぐにストン!と眠れる本』レビュー

なかなか寝てくれない赤ちゃん。寝かしつける時間が短くなったらどんなに助かることか。ホントにストン!と眠ってくれるのか?
育児本

子どもに希望を!孫社長の伝記/『とことん 孫正義物語』レビュー

Softbank孫社長の子供時代から事業を起こすまでの伝記。子供向け。規格外の人生に感化されること間違い無し!
育児本

偉人の親はどうだった?/『わが子のやる気を引き出す育て方』レビュー

偉人たちはどう育ったのか?タイガー・ウッズ、ココ・シャネル、津田梅子などなど古今東西30人の偉人の話。
育児本

兄弟で理Ⅲ現役合格!/『天才育児日記』レビュー

兄弟を東大理Ⅲに現役合格させた育児記録。勉強能力と勉強体力を培う育児法とは。
育児本

脳の成長から考えた!/『「賢い子」に育てる究極のコツ』レビュー

東北大学加齢医学研究所の脳科学者が、どの時期に何を子供に与えればよいのかアドバイス。意外にも英語教育は8歳からで良い?
育児本

健常児でもなく障害児でもなく/『はざまのコドモ』レビュー

マンガで読む、知的ボーダーの発達障害児の実話。小学校、中学校入学で大変な苦労が待ち受けています。
育児本

結構大変なのね・・・/『保育者1年目の教科書』レビュー

保育者を目指しているわけではありませんが、子供を保育園に預けている親として、保育者ってどんな職業なんだろう?と気になって読んでみたこちらの本。 全編マンガでスラスラ読めます。 ユーキャンのまんが 保育者1年目の教科書 ...
育児本

目標は低く!/『どならない子育て練習帳』レビュー

どならない子育て練習講座(そだれん)の具体的内容が書かれた本。マンガのケーススタディで、10回どなっていたのを6回に減らす工夫を学べます。明日から是非チャレンジ!
日々是読書

アナウンサーという仕事/『チームで輝ける生き方』レビュー

元日本テレビアナウンサーの森麻季さんの初の著書。どんな学生だったのか、アナウンサーの夢はいつからか、フリーになった今の仕事は?
育児本

リアルな母の苦悩/『うちの子って発達障害!?』レビュー

発達障害にも色々なパターンがあり、軽症から重症まで様々なんだなぁとリアリティを持って教えてくれたこちらの本。 長男は発達障害かも?と苦悩する母親、トマコさんの実話です。 マンガで描かれているので、臨場感があります。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました