妊娠中の予習に!/『マンガで読む育児でお悩み解決BOOK』レビュー

Amazonなどで評価の高かったこちらの本。
子どもが生まれる前から0歳児までの間に読んでおきたかったぁ。

2人の子育てを体験されているフクチマミさんがたくさんのママたちの悩みや体験談を聞いたり専門家に取材をしてまとめられたマンガです。
著者ご自身が育児の真っ只中にあり、お悩み真っ最中ということもあり、一般論でまとめられた育児書にはない臨場感があります。
項目は、新生児期、マタニティブルー、寝ない、母乳&ミルク、母乳トラブル、食べない、アレルギー、泣きやまない、発達、事故・ケガ、夫との関係、親・親戚・友達との関係、痛い・つらい!!、セルフケアの14項目。
「寝ない」という悩み一つとっても、人によって(赤ちゃんによって)様々なんだなぁ、と驚かされます。
もし子どもが新生児期にこの本に出会っていたら、自分はここまで大変じゃないかも、、と客観的に子育てを省みる機会になり、悩みから救われた気もします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夫育て

この本の良いところは、子どもと母親に関する悩みだけでなく、育児中に直面する周囲の人から感じるストレスも扱っているところ。
「夫との関係」の項では、あるある!ってうなずきたくなるものばかり。
母親は、子どもを産んだ瞬間から強制的に母の役目をしなければいけなくなるので、出来るとか、出来ないとか言っていられないし、自分の時間も全くと言っていいほど無くなります。
一方で、父親は、ママじゃないとダメだとか言ってすぐに育児から逃げられるし、出産前と変わらず自分のこと優先で生活できます。
そのギャップにイライラしてしまうんですよね。
著者も一時期は「この結婚失敗だったかな」と本気で考えたそう。
でも「パパと娘の仲良し計画」を実行し、離婚せずに済んだ、そんなエピソードも紹介されています。

この本の制作中、最後の追い込みで寝かしつけ後の深夜作業が数週間続きました。
もう体力ギリギリ、お肌もボロボロ・・・だからこそ、今回学んだことを活かして堂々と家事をさぼりました。
おかげでイライラすることもなく、自分だけでなんとか乗り切れそう!!・・・と思った時に訪れたのは、定番「こんな時に限って・・・」な子どもたちの嘔吐下痢。
ひ〜〜〜(白目)。
回復後、これまたお決まりの私もダウン。

こちら、あとがきのくだりです。
著者が心血注いで作った様子がしのばれます。
妊娠中の人、新生児のいる人だけでなく、出産を控えた知人への贈り物としてもオススメです!
フクチマミさんのオフィシャルブログはこちら↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする