冬はEXPO!/ウルトラヒーローズEXPO2018の初日に行ってきました〜

ウルトラマンジードは12月で放送が終わってしまいましたが、EXPOでまた見られる!
ということで、2017年12月29日から始まった『ウルトラヒーローズEXPO2018ニューイヤーフェスティバルIN東京ドームシティ』へ行ってきました〜

夏のウルフェスが楽しかったことを覚えている息子くん。

夏はウルフェス!/ウルトラマンフェスティバル2017初日行ってきました〜
待ちに待ったウルフェス2017。池袋サンシャインシティ文化会館へ。ライブステージショーは?アトラクションは?再入場は?会場内での飲食は?

冬のEXPOも行く前から「楽しみだね〜」を連発。
9時から始まっているところ、9時半頃会場に着きましたが、初日だからか?入場に列が出来ていました。

会場入口に当日券の販売所があり、購入すると缶バッジがもらえる、との張り紙が。
我々は、セブンチケットでウルトラカプセル付の親子チケットを予め購入していたので、そのまま入場。
ウルトラカプセルは入場時ではなく、少し入った所で配っているので、少々戸惑いました。
チケット購入時、初日の指定券は完売だったので、残念ながらバトルステージは自由席。
自由席の場合は、並らばないと前の席は取れないと思い、11:15開始のショーのために10時から並び始めました。
小さい子を連れていると、長い時間立って並ぶのはしんどいです。
座るためのシートとか、暇つぶしオモチャが必要です。
お父さんに並んでもらって、子どもと母親は直前に合流、という賢い家族もいました。
ショー自体は30分程度。
前の回のお客さんが全員退席できた10時45分頃、入場が開始されました。

端の方ではあったものの、自由席の最前列をGET!
自由席は指定席より後ろなので、正面ステージからはかなり遠いですが、張り出し舞台があるので、そこで繰り広げられるバトルはよく見えます。
また、後方の頭上にも小さい舞台があり、ここで出演者が出てくるのは、自由席のほうが見やすいです。(ステージ正面には、同時に後方舞台の様子が映像で出ますが)
自由席と指定席の間は通路になっていて若干スペースがあるので、目の前にウルトラマン達が出てきてくれてたりしました。
ただ、会場がフラットなのが残念。
座高の低い息子くんには正面ステージの様子は見難かった様子。
高さのあるクッションなど持ってきてあげれば良かったかも。
人の頭で正面ステージが見難いながらも、張り出し舞台でのバトルを見ながら、会場入口でもらった赤いバルーンスティックを振って一生懸命応援してました。
このバルーンスティック、小学生以下しかもらえないんです。
周りには高校生?大学生?と思われるお兄さん達もいて、声を張り上げて応援していたのにバルーンスティックがなくて可哀想でした。。。

それにしても、ドラマで出てくる出演者達が見られたのが良かった!
公演前に司会のお姉さんとかけあいで間がもたず「何、話しましょうね。」と言ってしまう小澤雄太さん(伊賀栗レイト役)とか、登場すぐにジードライザーを出すタイミングがずれて苦笑いする濱田龍臣さん(朝倉リク役)とか、エンディング挨拶で見事な剣さばきをみせてくれた山本千尋さん(鳥羽ライハ役)とか、生だぁ!!!って感じで良かったです。

朝倉リクと伊賀栗レイトは毎回出演ですが、鳥羽ライハは12/29、1/6、1/7のみ。その他の日のゲスト出演は、12/30、1/4、1/8が愛崎モア、12/31、 1/1〜1/3、1/5はペガです。

ちなみに、自由席は当日中なら何度でも見ることが出来ます。
最初は指定席で見て、もう一度自由席で見る、なんてことも出来ます。
しかも立ち見もOK。
ただね、子どもがいると並ぶのが大変。
できることなら指定席の購入をオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アトラクションや展示は?

夏のウルフェスに比べて展示物は少ないです。
入ってすぐ、どどーんとジードが。

さらに中に入ると、どどーんとベリアルが。

どちらも大きさに圧倒されますが、夏のウルフェスにあったようなジオラマなどはありません。
子どもが無料で遊べるものは、ベリアルの後ろにあるジードライザーとカプセルくらいでしょうか。


あとは、飲食コーナー、有料のアトラクション、ウルトラマンデパートくらい。
息子くんは縄跳びが飛べないのに『なわとびジャンパー』(¥300/回)に挑戦し、当然ながら残念賞のシールのみでした・・・

会場の中に飲食できるコーナーやトイレがあるのは嬉しいですね。
会場の外にベビーカー置き場があり、ベビーカーで入場している家族は見かけませんでした。

来年も息子くんがまだウルトラマンにハマっていたら、また行きたいですね〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする