禁断の答えは!?/くもんのタングラム

以前、TV番組『フルタチさん』で、聖徳学園小学校の授業風景が紹介されていて、図形パズルにピースをはめて解く子どもたちを見ました。
知能を高めるため、週に1回、知能訓練の授業を行うのだそう。

聖徳学園小学校の教科の特徴をまとめています。知能を伸ばし、思考力を高める知能訓練、授業中に将棋やオセロを行うゲーム工作、力をしっかり伸ばす英語教育、研究活動をして知的好奇心を育てる特別研究などを紹介しています。

似たようなおもちゃがあったかも?と探して買ってみた、くもんのタングラム。

対象年齢は3歳以上
正方形の木枠の中に7つに分かれた木製ピースが入っています。
それを組み合わせて絵を作っていきます。
問題として、20枚の厚紙(ガイドボード)が用意されています。
それぞれ形がくり抜かれていて、指定されたピース数で木片を組み合わせていきます。
解説書には、追加で実寸大の問題が12問と、5分の1サイズの問題が35問が載っています。

息子くんは、やはり、くり抜かれたガイドボードにピタッとピースをはめる方が面白いようで、解説書の追加問題には見向きもしませんが、ボードの20問でも結構頭を使うようで、集中して取り組んでいます。
ガイドボードの20問は、2ピース問題が6問、3ピース問題が6問、4ピース問題が4問、5ピース問題が2問、6ピース問題が1問、7ピース問題が1問、と優しい問題が多い構成になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく練られた問題

さすが、くもんのオモチャだけあって、問題構成がよく練られています。
1番からスモールステップをクリアしながら、上級編へ進める仕組み。
2ピース問題の6問は、同じブロックを使います。
同じピースで6種類もの違う形が出来る!?ということを実体験できます。
ブロックを回転させてみたり、反転させてみたり。
6問に取り組むうちに、ブロックの動かし方を学べます。

そして、3ピース問題6問も、これまた同じピースを使う問題です。
最初は、大きなブロックの特徴的な部分が外に出た絵(置く場所が分かりやすい絵)になっていますが、後半は、大きなブロックの特徴的な部分が絵の中に埋もれてしまうため、置き方を結構考えなければいけません。

5ピース問題の解答

さて、5ピース以上になると、大人でもちょっと時間がかかります。
子どもが出来ずに癇癪を起こす前に、大人がすこ〜しだけ手伝ってあげて、達成感を感じさせてあげたいところですが、、、
解説書には、ガイドボードの問題の答えが載っていない!
ならばっ、ということで、解答を写真に撮りました!

まずは、ラッコ。
これは冒頭の画像を参考にしてください。
次に、馬。

6ピース問題、7ピース問題の解答

続いて6ピース問題のヘリコプター。

ちなみに、使うピースは、厚紙の右下に書かれていて、黄色に塗られたピースを使います。
ただ、黄色のピースを使わないと絶対にできない、というわけではなく、先に出てきたラッコなどは、使わないはずの正方形ピースを使っても出来たりしますので、あまりこだわらず、ヒントくらいに考えておいたほうがよいでしょう。

最後に難関、ねこ。

子どもに取り組ませるコツ

最初に、「こう置くのかな?」と言いながら、木製ピースを回転させたり、裏返したりして、置く位置を悩んでいる様子を見せてあげると良いと思います。
それを見ていた子どもに、きっと「あっ、分かった!」と思う瞬間が来て、「ボクが置く!」となると思います。

取り組み始めれば、30〜60分は集中して遊んでくれますので、親としても助かります。
夫も、頭の体操に、と子どもが遊んだ後に一人で取り組んでいました。。。
また、正方形の木枠に7つのピースを収納する方法が10種類以上あるのだそう。
いつも同じような方法で片付けてしまうので、10種類も思いつかないですが、頑張って考えたら硬い頭が柔らかくなりそうです!

ちなみに、アンパンマン好きなら、↓もおススメ。
くもんのタングラムを買った後にキャラクターものがあることを知って、がっくり。
『タングラム』で検索したものだから、、、出てこなかったんですよね、、、
先に知っていたら、迷わずこちらを買ったと思います。
くもんの洗練された問題構成に満足していますので、さすがに買い足すことはしませんが、くもんと同じくガイドボードが20枚ありますし、なんといっても絵が可愛い。
子どものやる気がでるのは、やはりキャラクターですよっ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする