息子も読みやすい!/哀川翔さんの『はじめてのカブトムシ飼育BOOK』レビュー

息子のためにカブトムシを飼い始めたのはいいけれど、長く楽しむにはどうしたらいいかわからなくて、手に取ったこちらの本。
表紙からは気が付かなかったのですが、なんと哀川翔さん監修の本でした。

こちらの本、イラストも文章も最小限。
1ページに沢山の情報が詰め込まれた図鑑より読みやすいようで、息子くんのお気に入りとなりました。
語り口調で書かれているのも、息子くんにとってはGood!
何度も「読んで〜」とせがまれます。
お友達に見せたくて保育園に持っていったら、取り合いになって本が破れそうになったと息子くん。
子供向けに書かれたようには見えませんが、子供の心をとらえる作りになっているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本最大のカブトムシ

2015年に日本最大のカブトムシを羽化させた哀川翔さん。
昨年の2016年に、スカイツリーでの大昆虫展に行った時、展示されているのを見ました!
2015年には雌雄モザイク(オスとメスが合体した突然変異体)も育てたそうで、こちらは2015年の大昆虫展で展示されたのだそう。

こちらの本、飼育の注意点や、1年間カブトムシを楽しむための飼育カレンダーが分かりやすい。
ポイントが絞られていて、この本1冊あれば、カブトムシを卵から成虫まで育てられるような気になってきます。
そして、な、な、なんと『哀川翔の飼育セット』↓までプロデュースしているとは!

小バエ侵入防止ケース、産卵飼育兼用マット、朽木、餌皿2個、ぶどう味のオリジナル!ゼリー10個、哀川翔ビートルクラブオリジナルブレスバンド!が付いて税込1,533円。
ウチは既に揃えてしまったので、買いませんでしたが、この値段なら手頃でイイですね!
幼虫用の発酵マット、その名も『哀川翔のギネスマット』も販売されているので、もし産卵、孵化が成功したら、ギネス級のカブトムシに育つことを夢見て是非買ってみようと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする